西島悠也がオススメする「牧野うどん」

西島悠也|「牧野うどん」を支える人たち

西島悠也

「牧のうどん」とは福岡県糸島郡前原町(現在の糸島市)加布里にある地名である。牧のうどんの前身となる店舗が開店した際、地元の人間から「牧にあるうどん屋」と言うことで牧のうどんと呼ばれるようになり、それがそのまま店舗名となって現在に至っている。

 

この「牧のうどん」を絶対に食べて欲しい理由は、食べても食べてもなくならない魔法のうどんと言われるような出汁をどんどん吸って伸びていく性質を知って欲しいからです。

 

このうどんを食した人達がことがこんな風に語っています。うどんは出汁のおかわりも自由担って、うどんがどんどん出汁を吸うことで無限にうどんを食べれるのではないかという錯覚にすら陥ってしまうこの「牧のうどん」をぜひ多くの人に食べていただきたいと話しています。

 

これからも「牧のうどん」についての多くの情報を発信していきたいと思います。